Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 を使ってみました

こんにちは。カラクルの岩本です。

昨日昼ごはんを食べて帰ってきたら、気になっていた Apple の新製品、Magic Keyboard と Magic Trackpad 2 が机の上に置かれていました!(ありがとうございます!!)

嬉しいので、早速使ってみました。

IMG_8919

まず、新しいトラックパッドは、 OSX El Capitan でないとクリックの機能が使えないそうなので、OS のアップデートから始めます。(僕はまだ Yosemite を使っていました。)

OS のアップデートが終わったら、早速キーボードとトラックパッドを接続してみます。

背部にあるスイッチを入れて、 付属の Lightening ケーブルで Mac に接続すると、ペアリングが完了しました。充電も Lightening ケーブルで行います。

以下、少し使ってみて気づいたところなどを書いてみようと思います。

Magic Keyboard

キーストロークが浅い

以前の Apple Wireless Keyboard に比べて、かなりストロークが浅く、打鍵感も少し硬くなりました。新MacbBookに近い感じです。

ストロークの深さで並べると、こんな感じです:

新 MacBook < Magic Keyboard < MacBook Air < Wireless Keyboard

しばらく打ってみた感想としては、キーが浅くなった分反発が強くなっているので、使っていて違和感もあまりなく、 むしろ小気味よくサクサクと打てる感じで、かなり満足です。

ただ、少し長い時間使用すると、少し指先が痛くなってきた気がします。

この辺は、慣れとか打鍵の強さとかもあると思います。

キーのサイズが変わった

一部のキーのサイズが変わりました。最下列 (Control, Command, Spaceなど) のキーは、高さが少し低くなりました。 逆に、最上列(Esc,ファンクションキーなど)のキーは、高さが他のキーと同じくらいの高さになっています。

個人的には、ショートカットなどで command や option などのキーをよく使うのですが、 心なしか押しにくくなったような気がします。

Magic Trackpad 2

横に広くなった

タッチできる部分の縦の長さは前のモデルと同じですが、横の長さが数センチほど広くなりました。 以前の大きさでも特に不便は感じていなかったですが、大きくなるのはいいことです。

Force Touch になった

前のモデルでは、トラックパッドを押すことで下にある物理的なボタンが反応してクリックできていました。 今回のモデルからは、物理的なスイッチではなく、振動によるフィードバックでクリック感を実現しています。

トラックパッドを押すとカチッと音が鳴って押したような感じがしますが、実際にはガラスの板を強く押しているだけです。 クリック音もトラックパッドから鳴っているものなので、設定からサイレントにできます。

なので、電源ボタンをオフにすると、押しても何も感じないただの板になってしまいます。

これの良いところは、まず、トラックパッドのどこでもカチカチとクリックできるようになったところです。以前のモデルでは、下の方にスイッチがあったので、上の方ではうまくクリックできませんでした。

もう一つは、クリックするときに指を動かす量が少なくなったことです。

今までは、ガラスの板を指で上下させる必要があったので、カチカチとクリックすると指が少し疲れる感じがあったのですが、 新しいものでは、かなり楽にクリックできます。

(タップでクリックという方法もあったのですが、これも楽なようで意外と指を動かすことになります。トラックパッドの上を動かしていた指を一度離してからもう一度タッチする必要があるからです。)

バッテリー内蔵・ Lightning で充電になった

(両者に共通して) 以前は乾電池で動作していたので、たまに電池を取り出して交換していたのですが、 新しいモデルではバッテリー内蔵なので、電池を交換する必要がなくなりました。

さらに、 Lightning ケーブルで充電するので、 iPhone を充電するケーブルをこちらでも利用できます。 もちろん、充電中でも使用できます。

まとめ

Magic Keyboard, Magic Trackpad 2 を使用してのレビューを書きました。

まだ数時間使った程度ですが、全体的にとても良かったです。 Appleの入力デバイスも着実に進化しているなと感じました。

お読みいただきありがとうございました。


株式会社カラクルでは、現在エンジニア、デザイナーを募集しています。

ご興味のある方はぜひこちらからお問い合わせください。