勤怠機能のご紹介【管理者編】

前回はカラクルの勤怠機能のうち、主にスタッフの使用する機能を紹介しました。
今回は、管理者向けの機能をご紹介します。

勤怠を管理する方には、時間外勤務申請など様々な申請を承認したり、従業員一人一人の勤怠状況を管理したり、集計したりと、毎日、毎月、大変な作業が沢山あります。

カラクルの勤怠機能を使えば、このような作業を効率化、作業時間を短縮させることができます。

では主な機能を見ていきましょう。

申請を承認(または却下)する機能

accepting-request

画面右下の丸いボタンをタップして、メニューを左から右にスワイプします。

右下の「各種申請」をタップし、下のタブから「承認依頼」を選択します。
現在申請中の申請が表示されました。(まだ申請がない場合は何も表示されません)

「承認」または「却下」のボタンをタップして申請を処理するか、枠の中をタップして詳細を表示します。

勤怠の設定を行う機能

attendance-settings

管理画面(PCからのみ可能)からは、勤怠に関する設定 (締め日の設定、休暇の設定、休日の設定、有給休暇日数の設定) ができます。

データの修正を行う機能

Screen Shot 2015-09-07 at 15.22.22

管理画面の「勤怠ログ」からは、スタッフが入力した出退勤の記録や休暇の申請などを一覧したり、それを編集、追加、削除したりできます。

データを集計して出力する機能

Screen Shot 2015-09-07 at 15.22.40

スタッフが入力した出退勤のデータを集計してエクスポートする機能もあります。

労働時間、残業時間、遅刻・早退時間などの合計を、エクセルファイルでダウンロードしましょう。

集計するグループと期間も自由に選択できます。

まとめ

カラクルの勤怠機能には管理者の方にも、従業員の方にも嬉しい機能が、まだまだあります。今回は 2回に渡ってその一部をご紹介しました。

ただいま無料の限定トライアルを実施中です。皆様には実際に触れて、体験していただければと思います。この記事にはない新たな発見や喜びがあればと思います。

勤怠機能の詳しい使い方はこちらのマニュアルからご覧いただけます。


カラクルでは現在、無料の限定トライアルを受け付けています。
この記事を読んで少しでも興味を持った方は、ぜひこちらからお申し込みください。